マインド

ネガティブな感情に蓋をせずに、自分自身を成長させるチャンスに変えよう

2022年9月7日

はじめに

現代社会では、「ポジティブ思考こそが成功の鍵」という考え方が一般的です。

しかし、ネガティブな感情は「悪いもの」と捉えるのではなく、自分自身を理解し、成長するための貴重な情報として活用することが重要です。

 

ネガティブな感情を「ないもの」にするのではなく、その意味を探る

ネガティブな感情を感じた時、多くの人はそれを「悪い感情だから消さなければいけない」と考えてしまいます。

しかし、その感情を無理に抑え込もうとすると、かえってストレスとなり、心身に悪影響を及ぼす可能性があります。

大切なのは、ネガティブな感情を「ないもの」にするのではなく、その感情が湧いた原因を探ることです。

なぜ自分はそう感じたのか、その裏にある思考や信念を理解することで、自分自身をより深く知ることができます。

 

ネガティブな感情は、成長のヒント

ネガティブな感情は、自分自身の弱みや課題を浮き彫りにし、改善のきっかけを与えてくれます。

例えば、「自分は何もできない」というネガティブな感情を感じた場合、その裏には「自信がない」「能力が低い」という思い込みがあるのかもしれません。

このような思い込みに気づくことで、自信を高めたり、能力を向上させたりするための具体的な行動を起こすことができます。

 

具体的な例:グループで行っていた課題ができなかった場合

グループでの課題できなかった場合、「自分だけ結果が出ていないのは恥ずかしい」というネガティブな感情を感じるかもしれません。

しかし、その感情を「なかったこと」にするのではなく、以下のように原因を探ってみましょう。

  • 「みんなってあなた以外本当に全員できたの?」
    • 他の受講者の状況を正確に把握できていない可能性があります。
    • 課題には様々な方法があり、自分に合った方法を見つけられていない可能性があります。
  • 「その時点で必ずしも結果を出さないといけないの?出来ていないのであれば出来るまで続けたらいいだけなのに」
    • 完璧主義的な考え方に囚われている可能性があります。
    • 小さな成功体験を積み重ねることが自信につながります。
  • 「結果が出ていない自分を知られるのが嫌なんじゃない?」
    • 周りの目を気にしすぎている可能性があります。
    • 自分の成長に集中することが大切です。
  • 「何か手順通りにやっていない事、足りない事があるのかも」
    • 改善点を見つけるチャンスです。
    • 次回に向けて、具体的な対策を講じましょう。
  • 「自分と他人という区別があるから、自分は劣っていたくないという感情が湧くのでは?」
    • 他人と自分を比較する必要はありません。
    • 自分の成長に目を向けましょう。

このように、ネガティブな感情を分析することで、自分の思い込みや課題を客観的に捉えることができます。そして、それらを改善することで、より良い自分へと成長することができるのです。

まとめ

ネガティブな感情は、決して悪いものではありません。むしろ、自分自身を理解し、成長するための貴重な情報として活用することができます。

ネガティブな感情を感じた時は、その感情を「ないもの」にするのではなく、その意味を探り、自分自身を成長させるチャンスに変えていきましょう。

BLOGに戻る


ネガティブ:Wikipedia

  • この記事を書いた人

fujita

有限会社トガノ 代表取締役 藤田秀幸

-マインド